パソコンは値下がりし、無料ソフトも普及中

パソコンとはパーソナルコンピューターの略称です。

今では略称の方が一般的に世間で使われています。パーソナルコンピューターという名前の通り、私物のパソコンであれば個人的な目的で使っても問題はありません。スマートフォンが世の中では大流行していますが、使い方をマスターすれば、それ以上に色々な目的で使えるのが特徴です。以前は値段が少し高めであり、研究者やIT関連の仕事ではない普通の消費者が買うのは少し勇気が要りました。

ところが最近では10万円前後でハイスペックパソコンが購入可能となり、マシンスペックがベーシックな水準であれば5万円前後で有名メーカーの新製品がゲット出来ます。実際に家電量販店の店頭にはお買い得な製品が所狭しと並んでいます。パソコンの本体は家電量販店やインターネット通販サイトで買う必要があります。一方でソフトウェアに関しては、無料でゲット可能です。

スマートフォンのアプリ同様に、一部のソフトウェアは無償で配布されています。フリーソフトと呼ばれる物がネットでは随時配布されており、作者や製作したメーカーが善意で配布しているものですので安心です。無料で使える理由ですが、作者がビジネス目的ではなく趣味で制作したためです。ソフトウェアの規約の範囲であれば、半永久的に無料で使えます。またメーカーが高機能なソフトのお試し版という位置づけで、主力製品の機能を絞ったものを販促品のような感じで、フリーソフトとして配布している事も多いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *