自作pcの組み立てと通信関連のトラブル解消方法

自作のpcの組み立ては、難しいというイメージがありますが、自作キットを利用すると作業は比較的簡単で難しいことではありません。

ただし、pcは精密電子機器なため組み立てを行うときに慎重に取り扱わないと簡単に壊れてしまうため注意が必要です。自作キットには、CPUやマザーボード、メモリなどのさまざまなパーツが揃っています。パーツの他にも工具類を揃えておくと作業をストップせずにスムーズにpcを組み立てることができます。

工具にはプラスドライバーの他にもマイナスドライバー、ニッパーなどが必要になりますので事前に揃えておくことがおすすめです。自作キットから組み立てをスタートするときには、静電気に注意が必要になるため静電気防止手袋を準備しておきます。キットには、マザーボードやCPUが袋に入っているため慎重に開けていきますが、マザーボードをチェックするときには、ピン折れ等が起きないようにCPUソケットカバーは外さないようにします。

pcは複数のパーツの電源供給や通信関連の相互関係に必要になってきます。それぞれのパーツに電源の供給や通信関連を繋ぐ役割をしているため大変重要なパーツとなります。CPUのチェックをしたら取り付けていきます。次にメモリをつけ、PCケースへ書くパーツの組み立て準備を行います。本体ケースに光学ドライブとSSD、電源ユニット、マザーボードを取り付けます。配線を取り付けて、カバーを閉じて完成です。自作のpcは完成しても通信関連に接続できないケースもあります。解消方法としてマザーボードのドライバーをインストールする可能性が高いという結果が出ています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *