メーカー製と比較した場合の自作pcのメリットとは

自作pcは自分で必要なパーツを選んで買い揃えて組み立てるパソコンです。

自分でパーツを選ぶためにはある程度の知識が必要ですが、メーカー品を購入する場合よりも多くのメリットがあります。自作pcは汎用品を組み合わせて作成するので、故障した場合でも簡単に代替品を用意して交換をすることができます。メーカー品は部品が専用に設計されているので代替品を使用することができず、部品を探すのに苦労します。新しいパーツが発売された場合にも、簡単に交換して性能をアップさせることが可能です。

最新の技術を体験したい方におすすめです。自作pcは非常に高い拡張性を持つというメリットもあります。メーカー品であればマザーボードが必要最小限の機能を持つように設計されているので、2台目以降の内臓HDDやグラフィックボード・サウンドカードなどを追加することができない場合があります。

自作pcであればマザーボードのスロットに余裕があるので、自由自在にカスタマイズをすることができます。安価な費用でTVチューナーを取り付けたり、ゲーム用の高性能グラフィックボードを追加が可能です。メーカー品であれば、あらかじめ使用するOSが決められていて自由に選ぶことができません。仮にOSのインストールに成功したとしても、ドライバの入手が困難な場合が少なくありません。自作pcであれば自由にOSを選ぶことができるので、LinuxとWindowsなどのように複数のOSを使い分けることも可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *