自作pcは価格面のメリットはあるか

一昔前までは安さを理由に自作pcを選ぶ意味があったのですが、近年は価格面でのメリットはかなり薄れてきました。

安価で手間もかからずに利用できるBTOが増えてきたことによって、価格面での優位性が小さくなってきたためです。場合によってはBTOの方が安上がりになることもあるほどであり、自作pcのコストのメリットは現在では小さいと言えるでしょう。しかし、単純に金額だけで見た場合にはどちらが安いのかといえば、自作pcを選んだほうが依然として安くなるケースが多いのも事実であり、少しでも安く済ませたいのであれば、選ぶメリットはあります。

自作pcの良いところは全てのパーツを一つの店で購入をする必要がありませんから、最安の店を探して少しでも安いところを選ぶようにすれば、費用は安く抑えることができます。あるいはその逆に一つの店でまとめ買いをするとセット割引がきくようになっていたりすれば、組立工賃の分だけ安く済むこともあります。

BTOと比較をしてどれだけ安くなるかは選んだパーツや時期に、元の価格などが関わってくるので一概には言えませんが、5000円から1万円、ハイスペック機であれば2-3万円と差がつくことがあるので、そこにどれだけの価値を見いだせるかにかかってきます。ある程度知識のある人であればそれほど難しいことではないので、安さの利点は小さくありませんが、安くなるということだけを理由に自作pcにしようと考えている初心者はBTOから始めたほうが安心のレベルではあると言えるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *