自作pcの高い拡張性

自作pcの良いところは、組み立てた後でも必要に応じてさらにパーツを追加していけるところです。

マザーボードを選ぶときに拡張性の高い製品を選んでおけば、今後増設したいときに比較的簡単に増設や拡張が行えます。広いパソコンケースで自作してスペースに余裕を持たせておけば、より増設、拡張しやすくなります。もともと市販のパーツを使って組み立てているので、増設するときも市販の製品を購入して簡単に増設することが出来るだけでなく、使っているパーツの交換も比較的簡単に行えます。

一方、メーカー製のpcだとパソコンケース内にパーツを追加で増設したりすることは難しいです。というのも、メーカー製pcは自作pcに比べて省スペースなパソコンケースを使用していることが多いので、販売されている時点でもうすでにパソコンケース内はパーツや部品が詰まっていて、これ以上パーツや部品が入る余地がないことが多いためです。そのため、これ以上パソコンケース内に収めることはできず、外付けのパーツとして増設することになります。

また、メーカー製pcはメーカー独自の規格で作られているときもあり、市販のパーツでは取り付けることが出来ないこともあります。メーカー製のパソコンだと性能に不足を感じてきたらパソコンを買いかえるしかありませんが、自作パソコンのいいところはパソコンごと買いかえなくてもパーツの交換や増設などでパソコンの性能を上げることが出来るところです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *