pcを自作するときには故障に繋がる要因を排除しよう

pcを自作しようと考えているときには、組み立てる精密機械に傷が入らないように気を付けなくてはいけません。

これは、特に初めて自作をする初心者の人がやってしまう代表的な失敗でもあります。元々、pcで使われるパーツはとても壊れやすい性質を持っていますので、扱いに気を付けないと無駄な費用を支払わなくてはいけなくなってしまいます。現実的にも、静電気に弱かったり熱に弱かったりしますので、事前の対策をしておかないと火事の原因にもなります。例えば、自作ではCPUにグリスを塗ることなどを忘れてはいけません。

CPUは、伝導率を向上させるためにジェル状のグリスと呼ばれる物体を塗る必要があります。これをしておかないと、上手く利用することができなくなるだけではなく、熱が大きくなってしまって故障に繋がります。まだ、品質の良いクーラーを設置することも必須です。特に、CPUは稼働率を上昇させると最大で100度近くまで温度が上昇することもあります。

実際のトラブルでも、火が上がってしまって使い物にならなくなる事例が発生しています。pcでは、こういった状況を回避するために事前に換気口を確保した組み立てを行っていくことが何より大切だと考えられています。ケースにはどれも換気口が付いていますが、内部構造や配線が混雑していると上手く換気ができなくなってしまって、内部に熱がこもります。こうなるとその熱で故障しますので、自作ではこういった故障に繋がる要因をなるべく排除することが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *