pcを自作する時の光学ドライブの選び方

光学ドライブとはCDやDVD、ブルーレイなどの読み書きを行うための機器で、OSや市販のソフトウェアをインストールするときには欠かせないパーツです。

したがってpcを自作するときにもこのドライブを購入しなければなりませんが、たくさんある光学ドライブ製品のうち、どの製品を選ぶと良いのでしょうか。まず、光学ドライブには本体に内蔵するタイプの製品と、USBなどで接続して使用する外付けタイプの製品の2種類があります。マザーボードやBIOSの性能が向上した現在は、外付けのドライブからでもブータブルメディアを読み込むことができるようになっている製品が殆どです。

したがって、ディスクへの読み書きを頻繁に行う予定がある場合や性能を重視したい場合は内蔵タイプを選んで自作pcに組み込み、特にこだわりがなければ外付けタイプで問題はないでしょう。また、光学ドライブは読み書き可能なメディアの種類でも分類することができます。もし、ブルーレイ版の映画やドラマなどを視聴する予定がないのであれば、DVDの読み書きのみが可能になっている製品で十分です。

DVDドライブは価格が下がり、現在は2千円から3千円程度で十分性能が良いものを手に入れることができます。一方、映像作品を見たり、高画質の動画を編集する目的で自作pcを組み立てようとしている場合はBDドライブが必須です。価格は相変わらずDVDドライブと比較すると高いですが、1万円程度のお金があればそこそこ高性能の製品が手に入るでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *