医療現場をデーターベース化することのメリット

医療現場は、診療した内容や、カルテの情報、患者さんの投薬履歴、病院の経営上の情報など非常に膨大な情報を取り扱っているので、医療情報を全てデーターベース化して一括管理することによって業務の効率化や、収益の向上、患者さんにとっての利便性の向上などといった様々なメリットを得ることが期待できます。

例えば、医療現場が患者さんを診療した情報を色々な目的で利用することができるようになります。



データーベース化することによって、色々な証明書や、他の病院への紹介状、審査書類などが簡単に作成することが可能となります。また、医療現場の診療情報をデーターベースに蓄積していくことによって、病院の管理ができるだけでなく、臨床医学研究や、経営分析などにも役に立てることが可能となります。
そして、医療情報のデーターベースは、患者さんに情報を開示する方法の1つとして、使うこともできます。

例えば、お医者さんが作成したカルテの内容を、患者さんがインターネットを介して自分の家のパソコンから閲覧することができるようになります。



このような情報の開示は、患者さんのプライバシーに関わる取り扱いが難しい個人情報なのですが、データーベース化されていれば、整理されていない情報よりも、ずっと管理しやすくなるので情報漏洩のリスクも最低限に抑えられるようになります。

情報を暗号化して仮に不正にアクセスされても簡単に読み込むことができないようにします。